Home>国際交流委員会

国際交流委員会

◆◇◆日本禁煙科学会「国際交流委員会」の目次のページです。


科学会案内(ガイド)
ダウンロード
学術総会
学会誌 禁煙科学
禁煙支援士認定
認定講習会
受賞・表彰
子どもの禁煙研究会
週刊タバコの正体
お知らせ
入会案内
トピックス
リンク集
他組織連携・イベント
 
国際交流委員会
禁煙治療研究会
 
 
 
 

禁煙科学(vol.11) 2017
禁煙科学(vol.10) 2016
禁煙科学(vol.9) 2015
禁煙科学(vol.8) 2014
禁煙科学(vol.7) 2013
禁煙科学(vol.6) 2012
禁煙科学(vol.5) 2011
禁煙科学(vol.4) 2010
禁煙科学(vol.3) 2009
禁煙科学(vol.2) 2008
禁煙科学(vol.1) 2007

お悔やみ
  日野原重明先生
 お悔やみの言葉 高橋裕子
※日本禁煙科学会の発案者であり名誉顧問の日野原重明先生が7月18日午前6時半に105歳で逝去されました。心より衷心の意を表します。

ふえる笑顔 禁煙ロゴ ※筋肉の疾患で体の不自由な浦上秀樹さん(埼玉県在住)が、口に筆を取って書いてくださった書画です。「けんこうなしゃかい ふえるえがお」でという文字を使って『禁煙』をかたどっています。


科学会ガイド(pdf)
※印刷用資料としてご利用下さい。

科学会をネットで検索

禁煙科学(2007.11)
「禁煙指導者・支援者のための禁煙科学」パンフレット(pdf/1245k)

禁煙支援資料(2013.03)
「生まれてくる赤ちゃんのためにできること」パンフレット(pdf/1245k)


国際交流委員会

■委員長 野田隆
■委員
  • 安次嶺馨
  • 舘野博喜
  • Akira NAITO

日本禁煙科学会 日韓ジョイントシンポジウム

 平成20年(2008年)、日本禁煙科学会(JASCS/理事長吉田修)と KSRNT(韓国禁煙学会/President Kwan Hoo Meng)で学会間交流を開始し、2010年には正式な協定が締結されました。

締結された協定文書(2010.6)

 以後毎年、春のKSRNT Annual Meeting と、秋の日本禁煙科学会学術総会で、演者交換(招聘)による国際交流セッションが開催されています。本ページは、主として日本国内で開催された日韓ジョイントシンポジウムに関する情報を掲載しています。


■2009.10.24 第4回日本禁煙科学会学術総会 日韓ジョイントシンポジウム in 金沢
  • 2009年10月24日 18:10―18:50
  • 演者:oProf. Kwang-ho Meng(韓国禁煙学会会長)
  • 演題:Tobacco Control Activities in Korea: Hopes and Challenges
■2009.7.21 韓国禁煙学会KSRNT Annual Meeting
  • 演者:橋裕子(日本禁煙科学会理事長)
  • 演題:Tobacco Control Activities in Japan
■2010.11.20 第5回日本禁煙科学会学術総会 日韓ジョイントシンポジウム in 徳島
  • Professor Meng に日本禁煙科学会 学会賞が授与された。
  • 特別講演:Smoking Cessation Treatment Activities in Korea Dr Seung-Kwon Myung

学会賞 Kwang-Meng,MD,PhD(「禁煙科学」vol.4(13),2010.13より抜粋)
特別講演資料(「禁煙科学」vol.4(13),2010.11より抜粋)

■2011.6 日本禁煙科学会からKSRNTに送付した見舞い御礼

Many Thanks from JASCS
I want to say thank you to all members of KSRNT for your great help to Japan. On March 11th massive earthquake and tsunami hit Japan. 20 thousands people were lost. We Japanese ware in grief. Just at that time many members of KSRNT sent us the words of console with warm heart. The words let us know that we were not alone and encouraged us a lot.
3 months has passed. We are still in the tremendous damage, but we are now making steps to recovery. I say again thank you for all of KSRNT and hope the success of this Korean-Japanese meeting.
Yuko Takahashi
the President of the Japanese Association of Smoking Control Science

■2011.6.18 Japan-Korea Joint Symposium in Suoel
  • 講演:Smoke-Free Campus in Japan 高橋裕子(奈良女子大学)
  • 講演:Tax increase and its impact on smoking cessation 後藤励(京都大学)
■2011.11.16 第6回日本禁煙科学会学術総会 日韓ジョイントシンポジウム in 沖縄

「Smoking Control for Children and Youth  青少年のタバコ対策」

  • 2011年11月16 16:30-18:00
  • 座長:Kwang-ho Meng (Professor,Catholic university, Korea)
  • 座長:柏樹悦郎(那覇検疫所所長)
  • コメンテーター:長谷川浩二(独立行政法人国立病院機構京都医療センター展開医療研究部部長)

1)「Smoking Prevention Strategies for Youth in Korea
    韓国における若者の喫煙予防対策」
      Young Ja Lee(Professor, Woosong College, Korea)
2)「Smoking Control Programs for College Students in Korea
    韓国における大学生の禁煙対策」
      Yeol Kim(National Cancer center, Korea)
3)「Smoking Prevention Education for Children
    小児喫煙防止教育と保護者への禁煙支援」
      牟田広実(飯塚市立病院小児科部長)
4)「The Challenges to Reduce the Number of Smokers at Kyushu University:Educating Students About Smoking Prevention and Smoking Cessation
    大学生への喫煙防止教育と禁煙支援?大学禁煙化への努力?」
      眞崎義憲(九州大学健康科学センター准教授)

講演資料(「禁煙科学」vol.5(13),2011.11より抜粋)

■2012.11.17 第7回日本禁煙科学会 日韓ジョイントシンポジウム in 岩手

Non-smoking support for young generations「ヤングジェネレーションの禁煙支援」

  • 2012年11月17日 16:00〜18:00
  • 座長:Dr.Kwon (Kwon, Ho Keun)(president of KSRNT)
  • 座長:長谷川浩二(国立病院機構京都医療センター展開医療研究部長)

1)「The multicomponent interventions to prevent andcontrol smoking among adolescent in Japan」
      高橋裕子(奈良女子大学保健管理センター教授)
2)「Smokers' and Non-smokers' preferences fortobacco pric」       後藤励(京都大学大学院経済学研究科)
3)「A Smoking Cessation Program for Adolescents and Guidelines for School-Based Smoking Prevention Program in Korea」
      Soon-Woo Park, M.D. Department of Preventive Medicine Catholic University of Daegu School of Medicine, Korea
4) Development of Adolescent Quitline Program in Korea : Experiences and Evidences from Real World Setting」
Min Kyung Lim PhD. of Public Health

講演資料(「禁煙科学」vol.6(13),2012.11より抜粋)

■2013.6.14 Korea and Japan Joint Symposium Seoul, Korea

「What would be the end game scenario oftobacco control in Japan and Korea?」

1)「The impact of insured tobacco dependence treatment on tobacco control policy and smoking prevalence」
      舘野博喜 Hiroki Tateno, M.D.
2)「What would be the end game scenario of tobacco control in Japan and Korea?」
      長谷川浩二

■2013.11 第8回日本禁煙科学会 日韓ジョイントシンポジウム in 群馬
  • 座長:Koji Hasegawa、長谷川 浩二(Professor)、Hong-Jun Cho(Professor)

Speaker 1 Hong-Jun Cho(Professor)
Speaker 2 Yun Hee Kim(Professor)
Speaker 3 Hiroki Yasui/安井浩樹(Associate Professor)
Speaker 4 Hiroko Ito/伊藤裕子(Pharmacist)

講演資料(「禁煙科学」vol.7(13),2013.11より抜粋)

■2014.10.25 第9回日本禁煙科学会 日韓ジョイントシンポジウム in 福岡

Hot topics in tobacco control in Korea and Japan
  日本と韓国のもっともホットなタバコ規制

講演資料(「禁煙科学」vol.8(13),2014.11より抜粋)

  • 2014年10月25日 16:30−18:00
■2015

 2015年6月、韓国国内でのMERSコロナウイルス感染症多発により、今年度の春の交流は実施しないとの申し入れがKSRNTからあった。
 第10回日本禁煙科学会(横浜)が2015年11月7日8日に開催された。日韓ジョイントのためにプログラムを開けていたが、再開できるめどが立たないとのことで、急きょ「シンポジウム 喫煙可能法的年齢の18 歳引き下げに反対する」 17:00〜18:00 に変更された。

■2016

 2016年4月16日 KSRNTから、諸事情により今年度のKSRNT総会への日本側演者の招待はないとの申し入れがあった。
 平成28年6月4日 KSRNT理事会に高橋裕子理事長が出席し、Kwan Hoo Meng教授とともに、学会間交流の経緯を説明した。

■2016.11.24 KSRNT秋季Meeting
  • 2016年11月24日 13:20―14:10
  • 演題:Most Recent Advances on smoking cessation treatment in Japan
  • 演者:舘野博喜
■2017.6.30 KSRNT総会
  • 出席と講演:高橋裕子・小見山真紀
■2017.10.29 第12回日本禁煙科学会 日韓ジョイントシンポジウム in 松江
  • 2017年10月29日 10:00―11:30
  • 座長:安次嶺馨(沖縄県立中部病院)、高橋裕子(京都大学)
  • 演者:Sungkyu Lee(漢陽大学大学院)、野田隆(のだ小児科)

第12回 日本禁煙科学会 日韓ジョイントシンポジウム in 松江のページを開く


その他の国際交流

■2017.10.22 日本禁煙科学会特別講演会

「電子タバコと加熱式タバコの有害性はどこまで判明したか」

  • 2017年10月22日 16:30―18:00 大阪商業大学
  • 座長:長谷川浩二、高橋裕子
  • 演者:Maciej Goniewicz(Roswell Park Institute、USA)



Access:アクセスカウンター

日本禁煙科学会
URI:http://www.jascs.jp/
page:日本禁煙科学会 国際交流委員会