日本禁煙科学会

上級禁煙支援士認定 申請の手引き・申請書類の提出


 このページでは、「上級禁煙支援士」の申請方法から認定までの詳細、 並びに申請時の提出書類の送付方法(事務局への認定申請メール送信方法)及び認定手数料振込後の振込通知メール送信方法についての説明のページです。

上級禁煙支援士 申請の手引き

 上級禁煙支援士 認定の条件
■上級禁煙支援士の認定条件
  • 禁煙支援士取得者であり、年会費が支払済であること。
  • 過去5年間で講習会等、参加点12点以上を取得していること。
     ※参加点の内、6点以上は学術総会参加によるものであること。
  • 教育研究点30ポイント(pt)以上を取得していること。
     ※教育研究点は申請時に取得済であることが必要で、特に有効期間はありませんが、学会誌「禁煙科学」や学術総会・研究会等の抄録集で申請者の名前を確認できるものに限ります。
■上級禁煙支援士の認定の特例措置
  • 特例として、2020年10月までに申請した場合、認定条件の内、教育研究点は免除されます。
 上級禁煙支援士 認定条件の詳細 
■認定講習会参加点
 教育研究点 
  • 教育研究点 20pt  禁煙科学への投稿 筆頭著者
  • 教育研究点  5pt     〃     共著者
  • 教育研究点 10pt  日本禁煙科学会が主催・共催する場での発表者
  • 教育研究点  5pt     〃             共同発表者
  • 教育研究点 20pt  申請者が紹介者となった学会入会者が中級以上の認定保持者になる(1人に付き)
  • 上記以外での禁煙に関する講師(3Pただし27Pを限度とする)

■MEMO
  • 日本禁煙科学会が主催・共催する会とは、日本禁煙科学会学術総会、禁煙治療研究会、子どもの禁煙研究会、全国禁煙アドバイザー育成講習会等です。
  • 日本禁煙科学会が主催・共催する場の講師あるいは代表世話人(類する立場を含む)や、上級認定委員会がふさわしいと認めた方も認定の対象となります。
  • 教育研究点は申請時に取得済であることが必要で、特に有効期間はありませんが、学会誌「禁煙科学」や学術総会・研究会等の抄録集で申請者の名前を確認できるものに限ります。
 申請時、提出書類 
 申請時に提出する書類は下表の通りです。申請書をダウンロードし、必要事項を記入して下さい。
認定の種類 申請書 備考
上級禁煙支援士 申請書 書式 申請書は2020年10月までの暫定様式

認定申請メール

 提出書類ファイルは認定申請メールに添付して送信 
 作成した申請書を添付ファイルとして、日本禁煙科学会認定委員会宛にメール送信して下さい。
  • 申請時の提出書類ファイルが複数の場合、必ず、同じ認定申請メールにまとめて添付し送信して下さい。
  • メールに添付する提出ファイル(申請書)の総合計容量は1Mバイト以下として下さい。
 認定申請メールの作成(1) 
◇認定申請メールを送る前にチェック!!:
  1. 認定申請メールに添付するために、認定申請書(MS-Word)を作成しましたか?
  2. 認定申請書の内容に不備がありませんか。住所等の間違いもよくありますので、もう一度、記載内容を確認して下さい。

※下記の認定申請メールは、提出して頂く認定申請書(MS-Wordファイル)とは別のものですのでご注意下さい。申請書はwordファイルで下記の申請メールに添付して提出して頂くものです。

◇認定申請メール送信先:
  • 上のアドレスをクリックすると、宛先・アドレス・必要事項が記入されたデフォルトのメーラーが開きます。
  • 次の方法により、メール本文を作成して下さい。
  • メールに必要事項を記入すると共に、提出書類ファイルをメールに添付して送信して下さい。
【認定申請メールのメール本文の記入方法】
  1. 「◆申請日:」等の記入項目名と行最後尾の「◇」の間に必要事項を記入すること。
  2. 「◆申請日:」等(記入項目名)の部分及び行最後尾の「◇」は絶対に削除しないこと。----以下、すべて同じ
  3. ◆申請日:2015/11/01(申請日を西暦年月日で記入する)◇
  4. ◆申請種類:上級禁煙支援士◇
  5. ◆申請者名:○野△夫(氏名を漢字で記入)◇
  6. ◆会員区分:日本禁煙科学会会員
  7. ◆申請地:○○県(申請の居住地を記入)◇
  8. ◆添付ファイル:申請書◇
  9. ◆連絡事項:(空白や句読点等を含み250文字まで記入可能)◇
 認定申請メールの作成(2) 
 上記送信先リンク文字をクリックしてもメーラーが開かないときは、お手数ですが、ご自分でメーラーを開き、下記枠内をコピーして認定申請メールを作成して下さい。 作成方法は上記の【メール申請時のメール本文の記入例と記入方法】を参照して下さい。

  • 送信先:日本禁煙科学会認定委員会 
  • メール件名:上級禁煙支援士認定申請
上級禁煙支援士認定を申請メール本文
 日本禁煙科学会認定委員会御中
   上級禁煙支援士認定を申請致します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆申請日:2015/11/01◇
◆申請種類:上級禁煙支援士◇
◆申請者名:○○○○◇
◆会員区分:日本禁煙科学会会員◇
◆申請地:○○○県◇
◆添付ファイル:申請書◇
◆連絡事項:(空白や句読点等を含み250文字まで)◇
 申請受理メール 
 申請書が受け付けられたら、確認のために事務局から「申請受理メール」が申請者に送信されます。

振込通知メール

 振込通知メールの作成 
 申請が判定されると、申請者には、事務局より認定通知及び登録審査料の振込に関する事項(振込先や振込金額等)等が記載された「認定通知メール」が送信されます。 認定通知メールの案内に従って、登録審査料を振り込んだ後、事務局宛、「振込通知メール」を送信して下さい。

◇振込通知メール送信先:

  • 上のアドレスをクリックすると、宛先・アドレス・必要事項が記入されたデフォルトのメーラーが開きます。もし、メーラーが開かない場合は、下記、枠内をクリップボードにコピーし、メール本文に貼りつけて必要事項を記入の上、送信して下さい。
登録審査料の「振込通知メール」本文
 日本禁煙科学会認定委員会御中
   上級禁煙支援士認定の登録審査料を振込みましたので報告します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆振込日:2015/12/01◇
◆申請の種類:上級禁煙支援士◇
◆申請者名:○○○○◇
◆振込金額:¥30000◇